たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

多田くんは恋をしない #5「大丈夫だ。いないから」感想

TVアニメ「 多田くんは恋をしない 」オープニングテーマ「オトモダチフィルム」


今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

伊集院が自慢の料理の腕をふるって多田達にご馳走するという「伊集院薫ショー」も、第10回を数えることとなった。
写真部の面々も多田珈琲店に集まり、伊集院の料理に舌鼓をうつ。
実は、伊集院がこのような催しを開くのには、ある彼なりの優しがあって――。

感想

本作のギャグは(好みもあるだろうが)はっきり言ってあまり面白くはない。
伊集院のテンションの高さも、観る人によっては不快にさえ思うだろう。
しかし、第一話の頃から、彼のあの無駄なテンションの高さは(元来の性格もあるだろうが)どこか、道化を演じる事で周囲の人間がリラックスできるようにしている節があったので、今回のエピソードについても納得の展開だった。

友人の両親の葬式で、当の友人が我慢しているのに、弔問客である自分が先に泣いてしまった事を、もしかしてたら伊集院は物凄く悔やんでいたのではないだろうか?
多田への気遣いと同時に、伊集院のそういった「罪滅ぼし」のような気持ちもないまぜになっているように感じた。
だからこそ、多田は最後にあのような言葉を向けたように思える。

さて、突如登場した謎の男シャルル。
彼の口からようやく(バレバレだったが)テレサの素性が明かされたが……シャルルという事はフランス人だろうか? 公式サイトをチェックした所、どうやらその理解で正解だったようだ。
銭湯でのアレクの思わせぶりな言葉から推測するに……テレサの婚約者、なのかもしれない。

櫻井孝宏ボイスなので、実はとんでもない腹黒か、逆に天然系の良いお兄さんのどちらかだろう(偏見)。