たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

PERSONA5 the Animation #04「Steal it, if you can」感想

【Amazon.co.jp限定】ペルソナ5 1(1~6巻連動購入特典:「描き下ろしB2タペストリー」&全巻連動購入特典:「副島成記描き下ろし収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

蓮達は、「パレス」の中に隠された「オタカラ」を盗み出し、現実の鴨志田を改心させる計画を実行に移す事を決意した。
「予告状」で鴨志田に警戒心を持たせたことで、「オタカラ」より明確な姿を見せるようになり――。

感想

鈴井も無事に目覚めて、これにて一件落着……といいたい所だが、学園の生徒達の薄情さ――蓮や坂本に対する心無い言動を見ていると、鈴井のこれからの生活も大変なのではないかと心配してしまう。
性的被害というものは「周囲に知られること」で被害者にさらなる苦痛を与える側面を持つものだ。だからこそ、被害者のケアが大変であり、多くの被害者は被害を訴え出ることさえ躊躇してしまう。

上記のこともあり、鴨志田の改心にどこか違和感を覚えてしまった(改心したフリをしているという意味ではなく)。
公の場で「歪んだ欲望をぶつけた」事を告白してしまうのは、果たして謝罪であろうか……?