たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

東京喰種:re 第2話「欠片 member」感想

【Amazon.co.jp限定】東京喰種トーキョーグール:re Vol.1 「イベント優先販売申込券同梱」(デカジャケット付) [Blu-ray]

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

トルソーを追い詰めたクインクス班だったが、同じくトルソーを狙って現れた強力な喰種・オロチの襲撃を受け、一転ピンチに陥ってしまう。

すんでの所で佐々木が駆け付け瓜江達は一命を取り留めるが、クインクス班よりも更に強力な喰種の能力を持つ佐々木でさえも、オロチ相手には敵わない。
深手を負って倒れた佐々木だったが、再び立ち上がった彼はまるで人が変わったような迫力を纏っており――。

感想

色々と細かい所がカット及び改変されているので、シーンごとのつなぎ方に違和感を覚える部分もあったが、原作も週間連載であることを意識するあまりか、不自然な引きや導入が多用されているような作品なので、そこは温かく見守ってあげてほしい(苦笑)。

さて、という事でオロチの正体はニシキ、佐々木琲世は金木その人だった。
有馬に敗れ去った金木が何故、別人となってCCGに所属しているのか? この二年間何があったのか?
アキラのパートナーであった「彼」は?
前作を観ていた方には色々と気になる部分が多かったことだろう。

そして更に次々と前作のキャラクターが登場し……佐々木琲世を放ってはおかないようだ。