たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

キノの旅 -the Beautiful World- 第7話「歴史のある国」感想

『人を殺すことができる国』

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

キノの次の目的地は、かつてキノの師匠が一悶着を起こした国だった。
師匠から伝え聞いた破天荒なエピソードをエルメスに語って聞かせるキノだったが――。

感想

師匠の破天荒さを見ているとキノがまともに見えてくるから不思議だw
ああいった「不良ババア」は決して嫌いなキャラクターではないが、現実にあんな方がいたら即距離を取ると思われる……。

時計塔のある国が、キノの師匠に散々な目に遭わされた件を美談に塗り替えて伝えていた事が判明するシーンは、(国の民には悪いが)笑いを禁じ得なかった。