たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

「双星の陰陽師 13」――ろくろvs勘久郎ついに決着! そして士門は最強に挑む

双星の陰陽師 13 (ジャンプコミックス)

脇役にスポットが当たらない作品というのは奥深さが足りず、かと言って過剰にスポットを当ててしまうと作品としての軸がぼやけてしまう……。過去、多くの作品がその辺りの匙加減を見誤り、盛り下がりを見せたわけだが、本作は――というか作者の助野氏はその辺りのバランス感覚が良い作家なので、安心して読むことが出来る。

(以下、ネタバレ含む感想)

勘久郎の過去については……「先生、やり過ぎっす」と思わなくもないが、ろくろとの対比*1構造を描くには、あの位悲惨でなければならず……。
しかし、助野氏は相変わらず美幼女に厳しい……ああいや、改装で美女陰陽師も惨殺されてたから、実際には美形に厳しいのか(ぉ

ろくろは見事、過去の自分と向き合いあった上で十二天将を超えた訳だが……それで膨らむのは希望だけではなく、絶望もまた、島を覆おうとしている様子。天馬と有馬が自分達の死を予感させる発言をしていたが……全ては御子を誕生させるための布石、ということか。

その天馬に挑む士門の勇姿も見物。強さゆえの孤独――というにはあまりにも残酷な天馬の過去と、それに正面から向き合う士門。これは……天馬の意志を士門が継ぐフラグだろうか……。


デジタル版も同時発売。

*1:実際には清弦との対比。