たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ボールルームへようこそ Heat.17「表現者」感想

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】(パラパラアニメブックレット(描き下ろし表紙)引換シリアルコード付)


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

大会を前に決定的なケンカ状態に陥ってしまった多々良と千夏。
だが、マリサはそんな二人をとりなすどころか「ケンカの面倒までは見切れない」と突き放すような発言をし、更には清春に後始末を全て押し付けてしまう。
仕方なく、清春と雫が多々良達の面倒を見ることになったが、多々良と千夏の仲はこじれるばかりで――。

感想

一見すると千夏の方が感情的になっているようにも見えてしまう二人のケンカ。だが、原因は多々良の方にあったとは、少々意外な展開……と言いたい所だが、マリサは当初から多々良の問題点――リーダーとしての自意識の低さを指摘していたわけであり、なるほどと納得する展開だった。

また、多々良が雫や清春に拘る理由も語られ、彼の持つ良い意味での傲慢さが引き立ってきたようにも感じた。
そういったエゴイスティックな面をもう少し良い方向に持っていければ、多々良もリーダーとして一皮むけるのではないだろうか?

何気に今回のMVPが真子だった点は、私的にポイントが高かった(笑