たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

Fate/Apocrypha 第16話「ジャック・ザ・リッパー」感想

【Amazon.co.jp限定】Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I(メーカー特典:「B3半裁ポスターセット(赤陣営)」「BOXイラスト使用A3タペストリー」付)(オリジナル特典:「描き下ろしB1布ポスター」付)(完全生産限定版)


基本的に原作バレ無し。シリーズ知識の解説のみ書く方針。
今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

トゥリファスで魔術師が惨殺される事件が再び頻発していた。
黒のアサシンの仕業と見たフィオレは、放置できぬ事態と判断し、ルーラーに協力を申し出、アサシン討伐に動き出す。
交戦経験があるフィオレとアーチャーは、集まった一同に黒のアサシンの特徴を説明しようとするが、何故かアサシンの情報が全く思い出せない。アサシンの宝具、もしくは固有能力の影響と思われた。
仕方なく、カウレスがアーチャー、ルーラー、ライダーと共に街へ調査に向かう。
だが、彼らの裏をかくように、アサシンはユグドミレニアの居城へと歩を進めており――。

感想

キャラ作画が不安定……というかいつもとだいぶタッチが違うように感じた。
が、むしろフィオレの可愛さがアピールされている印象もあり、私的には満足であったw

FGO等ではむしろ可愛いキャラアピールが強いジャックだが、今回はその原典に近い残虐性を大いに発揮してくれた印象。
拷問の具体的なシーンを描かれるよりも、フィオレを精神的にいたぶるような姿の方が、よほど恐怖を煽られる。

フィオレは中々ガッツの有る戦いを見せたくれたが、所々に彼女の持つ人間性――戦士としての弱さも垣間見え、ケイローンが危惧していた事態は遠からず起こってしまうのではないか、と感じた。
反対に、ちょっと頼りなさげに見えるカウレスが、肝の座った大胆な行動を見せてくれた。
支え合う姉弟の今後が気になる。

ヒーローよろしくフィオレを救ってみせたジークの活躍は目を見張るものがあるが、彼の体の「時限爆弾」とも言える不調は確実に彼を蝕みつつあり、もし今度サーヴァント化したらどうなるのか予測もつかない。

すっかりいい感じのツンデレおじさんになりつつあるゴルドの株も上がってきたw

ASH(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)

ASH(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)