たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

ボールルームへようこそ Heat.13「お見合い」感想

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】(パラパラアニメブックレット(描き下ろし表紙)引換シリアルコード付)


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

仙石の試合を観に行った多々良は、そこで「社交ダンスとかダサい」と自分をバカにしたクラスメイトの女子と出くわす。
社交ダンスをバカにしていた彼女が何故? と疑問に思う多々良だったが、彼女は翌日の教室でも仙石組について熱く語り始めるなど、なんとも真意が見えない。しかも小笠原ダンススタジオにまで付いて来る始末。
ただ単に仙石組のルックスが好き、という彼女――緋山千夏だったが、仙石のパートナー・千鶴の気まぐれで多々良とダンスを踊ることになると、意外な事実が判明し――。

感想

千夏の気まぐれとも思える変遷ぶりがよく理解できないが……口では色々と言いながらもダンスへの執着のようなものが見え隠れするので、チグハグなその言動は複雑な内面の表れなのだろう。
リードが異常に上手い、という時点で彼女がどんなダンサーなのかは最早自明の理なのだろうが、初心者で元々鈍いところがある多々良が気付かないのは無理からぬことか。

今までは初心者らしからぬリードを見せてきた多々良だが、思えばパートナーはいつも熟練の相手だった。千夏のように、上手いがリード慣れしていないパートナーとどうやっていくのか、多々良の脱初心者が問われている、といったところか。