たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

ボールルームへようこそ Heat.6「ライン・オブ・ダンス」感想

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】(パラパラアニメブックレット(描き下ろし表紙)引換シリアルコード付)


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

真子からの申し出でカップルを組むことになった多々良は、仙石の後押しもあり賀寿に勝負を挑む。正真正銘の実力者である賀寿と、類まれな素質を持ちつつも初心者丸出しの多々良。普通に考えれば勝負になるはずもないが、仙石には勝算があるらしく――。

感想

賀寿が下心丸出しすぎていっそ清々しい。
そしてそれとは対照的に、妹の真子は天使の如き純真さで多々良を支えている……と思ったが、真子の方も多々良への好意をにじませているので、案外似たもの兄妹なのかもしれない(笑)。

前回、清春の怪我の一件での真意が明かされて以来、仙石の指導者としてのポジションが固まってきたように見える。
今までは気分屋に見えたその行動の裏に、一貫した思いやりや美学が存在すると分かると、こうも印象が変わってくるのか、と本作のストーリーの流れの巧みさに思わず膝を打った。

しかし、多々良も賀寿も声優さんが棒読みなので、二人が絡んでいるシーンはなんだか脱力してしまった……。棒読みであって下手ではない、というギリギリのラインなので、作品全体のクオリティを著しく損なうレベルではないのだが、上達に期待したい。

ボールルームへようこそ(2) (月刊少年マガジンコミックス)

ボールルームへようこそ(2) (月刊少年マガジンコミックス)