たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

ID-0 BRIDGE 12「実存人格 STILL HERE」感想

【Amazon.co.jp限定】 ID-0 Blu-ray BOX 特装限定版 (ラジオ風CD付)


今回の満足度:4点(5点満点中)

話数表示が「DIG」ではなく「BRIDGE」なのは作中表記準拠。
(以下ネタバレ)

あらすじ

アダムスのやり方ではラジーブは倒せない。イドのその言葉は的を射ており、「学習」したラジーブが更に強大となって人類に襲いかかる。ラジーブ相手に必要なのは、力押しではなく「認識させる」こと。そう語るイドが考えだした作戦とは、ラジーブの中枢へとマインドトランスするという驚くべきものであり――。

感想

実にきれいな最終回だったが……あの「その後」と途中のソーラン節は一体何なのだろう(笑)。

アリスがイドに対してやけに懐いていた理由が、ジェニファーが中身だったからというのは少々予想外だった。一応、伏線らしいものも途中にあったので、中々に見事な展開だった。

最終的にケインへの妄執を捨てて、ラジーブと共に旅立つ事を選んだアダムス。一見すると、彼とも和解できたのように思えるが、実際にはアダムスが和解したかったケインは既にいない訳で、そこはかとなく寂しさの漂う結末だったとも言えるかもしれない。

1クールを綺麗に使い切ってくれただけに、もし二期が制作されたとしたら蛇足に感じてしまうだろうが……同時に二期を期待する気持ちも。つまりは、その程度の愛着を持てる作品だった。