たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

Re:CREATORS #11「軒下のモンスター」感想

【Amazon.co.jp限定】Re:CREATORS 1 (メーカー特典:「告知ポスター」付)(全巻購入特典:「シークレットアーカイブUSB」「描き下ろしアニメ版権A4フレーム付イラスト(軍服の姫君)」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]


今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

アルタイルらとの戦いで、セレジアとメテオラは重症、弥勒寺は築城院に板額を奪われるという痛手を負っていた。幸いにしてセレジアとメテオラは一命をとりとめたが、結果として騒動の種となってしまった事で、颯太は思い悩んでしまっていた。
そんな颯太を、鹿屋は彼なりの方法で励まそうとするが、颯太の反応は芳しくない。そこで鹿屋は、颯太をギガスマキナに無理やり乗り込ませ――。

感想

ひとまずは一同が無事でほっと一息。
初登場時は問題児に見えた鹿屋が、むしろ「大人」な言葉を吐いていた件については、被造物は価値観が固定されているからこそ割り切り、受け入れるのも早い、というある種逆説的な構造の表れなのかもしれない。もしくは、まみかや鹿屋には元々「成長する主人公」という属性が付与されていた、か。

松原とセレジアの関係が、まるで父親と娘のようで微笑ましかった。

さて、遂に颯太の口から語られ始めた「シマザキセツナ」との関係だが……中乃鐘の白けた表情にも表れているように、今回の部分だけ聞くとただの「惚気」にしか聞こえなかった(苦笑)。もちろん、シマザキが既に死んでいて颯太が「殺した」と言っている時点で、この先に待ち受けるものが悲劇でしか無い事は、中乃鐘達も重々承知しているのだろうが、他人の甘酸っぱい思い出を語られた時、人間は得てしてああいった反応を返してしまうものである。

さて、肝心の「颯太がシマザキセツナを殺した」その原因については……以前、断片的に描かれた以上の事実は出てこないではないか、と思われる。相談を受けたが冷たく突き放してしまった、というのが恐らくは真相だろう。
もちろん、「友人」として褒められた行為ではなく、颯太がせめて優しい言葉をかけていれば、その後の彼女の運命は変わったかもしれないが……傍から見て颯太の「責任」が大きいとは受け取られないのではないか、とも思える。もちろん、颯太が主観として責任を感じるのは、人間として当たり前――というか、責任を少しも感じなかったらそれこそ颯太は人間のクズであるが。

それこそ、もしシマザキセツナが颯太に欠片でも恨みを持って死んでいったのならば、アルタイルが真っ先に颯太をターゲットにしているはずだろう、とも思う。むしろ、颯太自身も気付かない所で、彼がシマザキの最後の拠り所になっていた可能性もある……というのは流石に穿ち過ぎか。

Re:CREATORS(レクリエイターズ) ラバQ BOX

Re:CREATORS(レクリエイターズ) ラバQ BOX