たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

アリスと蔵六 第9話「チェシャ猫の笑う場所」感想

アリスと蔵六 Blu-ray Box 1 (特装限定版)

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

羽鳥の事を一方的に「悪」と断じ憤る紗名だったが、当の羽鳥も自分を「人を襲ってしまった熊と同じ」と割り切ってしまい、家に閉じこもってしまう。歩は、同じような力を持つ紗名ならば羽鳥を救えるのではないか? と考え、街中を探し始めるが――。

感想

成長しているようでいて、その実、外見通りの「子供」になりつつある紗名。自分の世界を侵す羽鳥を一方的に「悪」と断じたものの、当の羽鳥も同じように自分を「悪い魔女」と考え、閉じこもってしまったのはなんたる皮肉か。
紗名といち早くコンタクトを取った歩が、上手く立ち回ってくれることを祈るばかり。もしくは、紗名が「人間ではない」自分を受け止めてくれた蔵六の言葉を思い出し、他人に対してもそのようにふるまうことの大切さに気付いていくれるか、か。