たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

クロックワーク・プラネット #05「撃滅するもの」感想

【Amazon.co.jp限定】クロックワーク・プラネット 第1巻 (初回限定版)(全巻購入特典:「原作イラスト茨乃描きおろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付き) [Blu-ray]

今回の満足度:1点(5点満点中)
(以下ネタバレ含む)

あらすじ

京都のパージを見事に阻止したナオトとマリー。マリーはそのまま自らの死を偽装し、別人として自由に生きていくことを決める。
ようやく日常を取り戻したナオトだったが、そんなある日マリーが再び彼の元を訪れ、どこかへ連れ出そうとする。なんでも、ヴァイネルが違法な短波通信を受信し、それがマリーを挑発する内容だというのだが――。

感想

唐突な水着回。あまりにも脈絡がなさすぎて、本作には筋立てという概念が存在しないのだな、と思い知った。
マリーは死を偽装し別人として生きていく、との事だが、その割におおっぴらに顔を見せて出歩いているのは、何かのギャグだろうか? 専門誌とは言え、雑誌の表紙を飾るような世界的有名人という設定はどこに行ったのだろうか?

新たな強敵かと思われた新キャラがあっさり死ぬ、というある意味予想外すぎる展開には思わず失笑してしまった。

一点、気になったのは、マリーが「世界を救う」宣言をした時に、ナオトが頬を染めていた件。相変わらず機械相手にしか欲情しないナオトがマリーに対して頬を染めたというのは、やはりマリーのヒロイックな姿勢に対し、ナオトも心のどこかでは憧れを持っている、という事の示唆だろうか? その憧れがやがて彼を突き動かし、第一話のようなヒーローな立場(というか正義の味方一行のお姫様ポジション)に収まることへと繋がっていくのかもしれない。