たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

進撃の巨人 Season 2 第29話「兵士」感想

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 Vol.1(2巻連動購入特典:「オリジナル描き下ろし絵柄使用スチールブックケース」&「描き下ろし絵柄使用A3クリアポスター[表1版]/ 描き下ろし絵柄使用A3クリアポスター[表4版]」引き換えシリアルコード付) [Blu-ray]
今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

ウォール・ローゼに破壊の痕跡は見受けられず、遭遇した巨人の数もあまりにも少なすぎる。不可解過ぎる疑問を抱えつつ、夜を明かす為にとある古城へと身を寄せた南班と西班。盗品と思しき食料や酒も見つかり、まずは快適な夜を過ごせると安心したのも束の間、いつの間にか古城が巨人の群れに囲まれている事に気付く。
夜は動きが鈍るはずの巨人が何故? と疑問に思う間もなく迎撃を迫られる一同だったが、立体機動装置などを装備しているのは先輩兵達だけであり、コニー達には何の備えもない。悲壮な覚悟の中、巨人を必死に迎撃するも、一人また一人と犠牲になっていく。
コニー達も城内に侵入した小型巨人をなんとか行動不能に追い込むが、その最中、コニーを庇ったライナーが大怪我を負ってしまう――。

感想

Ω「ユミルも巨人の一人だったんだよ!」
ΩΩΩ「な、なんだってーっ!?」

――というような感じのノリで、ユミルも巨人能力の持ち主であるという事実を受け止めた方も、多いのではないだろうか? そもそも名前からして北欧神話の巨人と同じであり、番外編などでも彼女と巨人の関係を示唆する情報が出ていたので、実は意外性どころか予定調和ですらある。
そういった経緯もあって、この辺りの展開を「茶番」と感じる方は、原作時点でも多かった印象。私は良い意味で「茶番」と捉えたので、そこまで悪印象は湧かなかったが。

ライナーの自己犠牲と、それを(彼の身を案じるという理由以外で)懸念するベルトルト、という意味深な構図も、今後の物語を示唆する重要なファクター……というか、察しが良い方は、ベルトルトが何をそんなに怒っているのか、既に朧げながらも理解し始めた頃だと思われる。怒涛の展開が進むので見逃している方も多いかもしれないが。

そしてシリアスかつ情報量が多い展開の中でぶっこまれる、ライナーの「結婚しよ」ネタがある意味救い(笑)。