たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

正解するカド 第三話「ワム」感想

正解するカド Blu-ray Disc BOX 1(完全生産限定版)
今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

政府代表とヤハクィザシュニナとの会見が始まった。ヤハクィザシュニナ側には真道が補助に付き、政府側に立ったのは若き交渉官・徭沙羅花。ヤハクィザシュニナの要望により、会見は衆人環視の中で行われる事になった――。

感想

無限のエネルギー、ある種の永久機関の存在は、SF作品の題材でもよく見られる。そして大概の作品では、そういった未知のエネルギーは争いの火種となる。
ヤハクィザシュニナは、無限のエネルギーを提示しておきながらも、それを有限の数として衆目に晒した。引き出せるエネルギーが実質無限であっても、エネルギーを伝送するインフラ自体の数には限りがある。ヤハクィザシュニナが取り出したのは、文字通りの戦いの火種、という訳だ。
地球人類の進歩を求めて姿を現した彼だが、そのやり口はもしかすると一種の荒療治になるのかもしれない。

徭は、時折見せる年相応の反応が可愛いキャラ、か。