たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #1「太陽の傾いたこの世界で」感想

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? 第1巻【限定版】Blu-ray
今回の満足度:3点(5点満点中)
(以下ネタバレ含む)

あらすじ

獣人達が暮らす浮遊島の街中を、猫を追って駆け回る少女が一人。やがて少女は勢い余って高所から落下した所を、ヴィレムという人間の青年に助けられる。そのまま縁あって、少女が行きたがっていた場所まで案内するヴィレム。束の間の邂逅はそれで終わるはずだったが、運命はヴィレムとその少女・クトリを再び巡り合わせる。
しかし、クトリには秘密があった。彼女は軍の所有する「兵器」であり――。

感想

アバンタイトルからいきなり不穏な空気が流れているが……原作者の名前を見てなんとなく納得してしまった。ミスリードではなく、ストレートに悲劇へ繋がる物語の可能性が濃厚で、可愛らしいキャラクター作画や不思議な世界観に惹かれるものはあるものの、少々身構えてしまう。
「人間」はヴィレムを除いて全滅しているという事で、クトリ達少女らは、「人間」ではない模様。獣人ではないナイグラートが「トロール」という事なので、他の少女達も何らかの妖精・妖魔の名を冠している様子。

上記の通り、悲劇へ繋がる物語はあまり好みではない――というか、むしろ嫌いなので、しばらくは様子見したいと思う。