たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

この素晴らしい世界に祝福を!2 第7話「このふてぶてしい鈍らに招待を!」感想

この素晴らしい世界に祝福を!12 女騎士のララバイ オリジナルアニメブルーレイ付き同梱版
今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

元いた世界の知識を流用して、アイディア商品の数々を生み出そうと考えたカズマ。成り行きでビジネスパートナーとなったバニルはその価値を認め、アイディアの一括買取り料として驚くべき高額を提示してくる。大金が手に入るかも、と浮かれるカズマとアクアは、成金生活を夢見てまたもや冒険から遠ざかろうとしてしまう。
そんな二人に困り果てためぐみんは、ある提案を二人に持ちかけるが――。

感想

カズマとアクアという駄と堕の最悪コンビの勢いは留まることを知らず、孤軍奮闘のめぐみんが気の毒でならない(笑)。頼りのダクネスも、「変態だけど常識人」どころか「ただの変態」になりつつあり、最早パーティーの良識はめぐみんだけになってしまった気もしてくる。
温泉への旅路にウィズが加わったのは、何もお色気要員という訳ではなく、常識的な行動を取れるのがめぐみんだけになってしまい、物語のバランスが崩壊してしまう恐れがあったから、ではないだろうか(苦笑)。

とは言え、カズマも差し迫った事態を前にすれば、相変わらず有能ではある。……もっとも、モンスターに襲われた原因が仲間のダクネスにある、というとばっちり体質も相変わらずなのだが。