たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

鬼平 第一話「血頭の丹兵衛」感想

アニメ「鬼平」原作 鬼平犯科帳セレクション【文春e-Books】
今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

火付盗賊改方の長官・長谷川平蔵は、「鬼の平蔵」と呼ばれ盗賊達から恐れられていた。だが、一本筋の通った盗賊には一目置くなど人情味あふれる部分も持ち合わせており、部下からの信頼も厚かった。
そんな平蔵のもとに、一人の盗賊が引っ立てられてきた。粂八という名のその盗賊は、厳しい責め苦にも屈せず仲間を売ろうとはせず、平蔵は咎人ながらも一本筋の通ったその態度に感心する。聞けば、粂八はかつて血頭の丹兵衛という盗賊に師事し、「殺さず、犯さず、金が有り余るところからしか盗まず」という<真の盗人三箇条>を教え込まれたのだという。若き日の粂八は、その教えを守らず破門されたのだが、あとになってその事を悔み、盗賊家業を続けながらもその三箇条だけは死ぬ気で守ってきたのだという。

ある日、牢の粂八の耳に、その血頭の丹兵衛を名乗る盗賊が家人を皆殺しにするような卑劣な手口で盗みを繰り返しているという噂が届く。きっと丹兵衛の偽物に違いないと考えた粂八は、平蔵にある事を嘆願するが――。

感想

原作小説も時代劇も大好きな作品なので、期待半分・不安半分で観てみたが……予想以上に良い出来だった。原作の雰囲気を壊さず、それでいて現代アニメの手法をきちんと盛り込んであり、若い世代も安心して観られる作品になっていたのではないだろうか?
キャラクターデザインについても概ね不満はないが、鬼平が少々若すぎるのではないか、とも。

伝説の駄作「ルパン三世 天使の策略」の監督という事で少々危惧していた部分もあったが、全くの杞憂に終わった。このクオリティで最終回まで楽しめることを切に願う。