たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

夏目友人帳 伍 第六話「音無しの谷」感想

【Amazon.co.jp限定】夏目友人帳 伍 1 (オリジナル特典:「デカ缶バッチver.1」付) (全巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]
今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

友人帳を付け狙う妖怪に襲われた夏目は、レイコの知り合いである大きな鳥の妖怪に助けられる。いつもの如くレイコ本人と間違えられる夏目だったが、妖怪に襲われた影響か声が出せなくなってしまっていた。誤解のとけぬまま鳥の妖怪と共に過ごす夏目だったが――。

感想

中級やヒノエなど、妖怪側のレギュラーが久々に登場。やはり彼らがいると何とも言えない温かい空気になる。
鳥の妖怪も、見た目のユーモラスさもさることながら、性格や物事の理解の早さも妖怪らしからぬ柔軟さがあり、何とも良いキャラクターだった。旅立ってしまったのが少々残念だが、あの妖怪が旅先で再び「賑やか」な場所にたどり着けることを願ってやまない。

久々のレイコ回でもあった。面白そうな遊びの存在は知っているが、その詳しい遊び方を知らない――一見すると斜に構えているように思われがちな彼女の、内に秘めた悲哀が詰まったエピソードでもあった。

茜さす/everlasting snow(初回生産限定盤B)(アニメ絵柄スペシャル紙ジャケット)