たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ドリフターズ 01「FIGHT SONG」感想

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

関ヶ原の合戦の中、死闘の末に致命傷を負った島津豊久は、気付けば見知らぬ土地へと迷い込んでいた。そこには「織田信長」と「那須与一」を自称する男達がいて――

感想

容赦ない戦闘描写に第一話としての掴みはOK。が、後半やや中だるみした印象があり、もう少し話が進んでほしかったとも思った。
豊久は戦死時数えで三十歳くらいだったかと思ったが、作中の外見はどちらかというと若武者であり、何故か信長共々月代を剃っていないのが少々気になった。もちろん、キャラデザについて不満はなくむしろ原作の平野氏の秀逸なデザインには感嘆するばかりなのだが。どうせなら合戦シーンのモブもスタイリッシュ戦国アクション的なデザインで統一すれば良かったのに、と思わなくもない(笑)。