たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

逆転裁判 第22話「さらば、逆転 2nd Trial」感想

今回の満足度:4点(5点満点中)
※原作ゲームはプレイ済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

拉致された真宵を救う為には、裁判初日に王都楼の無罪判決を勝ち取らねばならない――焦る成歩堂と春美だったが、狙撃された冥の代わりに検事席に立ったのは、よりにもよって御剣検事だった。
御剣の隙のない法廷戦術に苦しめられる成歩堂。それでもなんとか、ある証拠と証言の隙を突いて、王都楼のマネージャーである霧緒を重要な証人かつ被疑者として引きずり出す事に成功。だが霧緒は、肝心な部分の証言について黙秘権を行使、裁判長は更なる調査・審議が必要と判断し閉廷を宣言してしまう――。

感想

察しがいい上に色々と手を回してくれて実に頼りになる御剣の姿がまぶし過ぎる。やはり、彼は成歩堂にツッコまれまくって白目向いてる姿よりも、こうやって堂々とした「支援者」的な立ち位置の方が輝いている。
真宵が監禁されていた場所が王都楼の自宅で、成歩堂達とニアミスするという演出は原作ゲームでも同じだったが、アニメでこうやって連続して見せられるとより(良い意味での)もどかしさが増した印象。