たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

真田信繁の遺児が太平の世を金で買う! 痛快忍術アクション「どらくま 4」感想

どらくま 4 (BLADE COMICS)

どらくま 4 (BLADE COMICS)

早いもので本作も4巻目となりました。大河ドラマ真田丸」で今人気沸騰中の真田伊豆守様もメインキャラクターの一人ですよ!(ただし今回は出番なし)。
第一話と最新話+αはwebコミックサイトMAGCOMI(マグコミ)で配信中。非常におすすめです。

(以下ネタバレ)
「十王」の一人・天雄の暗躍を聞きつけ奥州伊達領へと赴いた源四郎と九喪達。大嶽丸も、里の仇である天雄を追う為に別ルートで潜入。そして伊達の忍び衆・黒脛巾組と合流した二人は、九喪の旧友にして大坂の陣で十王の内二人を倒した忍・シカキンと出会い――というのが大体のあらすじ。
シカキンは大阪城にいた頃に「才蔵」という偽名を名乗っていて、「すわ真田十勇士登場か?」と身構えた方もいるかもしれないが、本作はトンデモ忍者大戦の割に歴史観は正史に則っているので、江戸時代に生まれた創作物である十勇士は登場しないはず。なので、ただ単に「モデルになった忍がいたかもね」という位の意味合いなのでしょう。
そのシカキン、登場早々、作中屈指の強者であることを見せつけてくれます。特に彼の戦闘スタイルである分身と短刀は、戸土野作品作品ではある意味「最強の証」なので、もしかすると白兵戦作中最強位の勢いかも。
そして第一巻以来のロリキャラ枠となる新キャラ・木毎も登場。口は達者だけど実力が伴わない童女キャラで、こちらも戸土野作品ではお馴染みの「ルッカ」系キャラクターになりますが、やたらと源四郎に反感を持っていてしかも、シカキンと何やら企んでいる様子で……?
非常に気になるシーンで引いたこともあり、早くも次巻が待ち遠しくてなりません。

どらくま 1 (BLADE COMICS)

どらくま 1 (BLADE COMICS)