たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

マギ シンドバッドの冒険 第十二話「魔装vs魔装」 第十三話「マギ」感想

今回の満足度:5点(5点満点中)
※原作既読。
(以下ネタバレ)

あらすじ

「魔装vs魔装」
アルテミュラ女王により「死者の谷」へと落されてしまったシンドバッド、ジャーファル、ミストラスの三人。過酷な環境下での生存は絶望的……と思われたが、三人は蛇肉を食し僅かに生える植物で家を建てるなど、その環境に見事に順応して見せ――。
「マギ」
「死者の谷」を脱出し、魔装同士の勝負で女王を見事打ち負かしたシンドバッドは、ようやく彼女の信頼を得る事に成功する。イムチャック、ササンに続きアルテミュラとの交易権を得たシンドバッド、彼と彼の商会は果たしてどんな未来を作っていくのか――。

感想

珍しく終始ミストラスがツッコミ役に回るという珍しい光景に思わず苦笑。もちろん、「お姉さんとのイイコト」が彼の原動力になっていたせいもあるが、それを抜きにしてもミストラスは表面上のお調子者さとは裏腹に生真面目であり、シンドバッドやジャーファルのような「黒さ」が無いのも魅力と言える。

ミラ女王が少々チョロいようにも感じてしまったが……それだけシンドバッドの実力と魅力が圧倒的だった、という事だろう。更には事前に女王のもとに送られていた親書が実にきちんとしたものだった、という事も手伝っているだろうから、間接的にルルムの手助けがあったとも言えるか。
女王を演じたのは知る人ぞ知るベテラン声優・冬馬由美さんだが、相も変らぬ美しいお声に聞き惚れてしまった。そう言えばマギ本編にも登場していたはずだが……その時は気付かなかったので我ながらなんともしまらない。

シンドバッドの冒険はいよいよこれから、という事で終わりを迎えた本作だが、原作漫画の方はまだまだ続いており、本編である「マギ」がクライマックスを迎えている事もあり、二作合わせての続編も期待できるのではないかと思う。

私的には、お気に入りキャラであるセレンディーネの出番が殆ど無かった事が残念だったので、そういった意味でも続編アニメに期待したい(笑