たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

甲鉄城のカバネリ 第十話「攻め上ぐ弱者」感想

ninelie(期間生産限定盤)(DVD付)

ninelie(期間生産限定盤)(DVD付)

今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

狩方衆に囚われた甲鉄城の人々は、監視・監禁され血を採取される日々を送っていた。そんな中でも生駒達はまだ反撃を諦めておらず、機会を窺い続けていた。だが、巣刈ら一部の人間は克城側に寝返ってしまっており――。

感想

登場した瞬間に「あ、スパイだ」と気付いてしまう程度には視聴者の信頼を得ているであろう巣刈の有能振りに嫉妬してしまう(笑)。恐らく、コロリと騙されていたのは正直者の逞生ぐらいのものだったのだろうが……そんな微笑ましい一幕も、逞生の死でかき消えてしまった。まさか彼が太っている事が伏線になっていたなんて、誰が思おうか?
無名が甲鉄城を選ぶ事を決断してくれたのは実に嬉しい展開だったが……やはり彼女はまだまだ子供であり、心のどこかで美馬を信じたい気持ちがあったのだろう、その油断が取り返しのつかない事態を招いてしまった。滅火を異形の存在に変えたのと同じ薬品を打たれたようだが……彼女が救われる事はもうないのだろうか。
傷付き崖下に転落した生駒は、来栖と合流する展開になりそう?