たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

マクロスΔ MISSION 11「追憶 ジェリーフィッシュ」感想

Walkure Attack!(初回限定盤)(DVD付)

Walkure Attack!(初回限定盤)(DVD付)

今回の満足度:5点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

大切な仲間を失った事で、Δ小隊ワルキューレのメンバー達は悲しみに沈んでいた。だが、ウィンダミアの侵攻は待ってくれず予断を許さない状況が続いていた――。

感想

メッサー死亡確認……実は放映前発売のニュータイプ誌でしっかりネタバレされてしまっていたのだが、そもそもあの状況で生存していると考える方がおかしいので、一概に攻める訳にもいかず(←最後までメッサーの生存を信じていた人間)。
カナメがメッサーに向けていた感情がどんなものかは、結局明確に示されなかったが、彼女の最後の涙、そして決意の宣言が全てを物語っているようにも受け取れた。
前回、意識朦朧とした美雲がメッサーの名を呼んだ件にはきちんと説明が付けられていて安心。あの瞬間、メッサーが最も光り輝いていて――ルンが視えていて、それを美雲も感じ取っていた、という事か。美雲の正体が明かされる日も近いのかもしれない。

ウィンダミア側では、国王自らが陣頭指揮に立ち巨大遺跡戦艦を発進させるという最終決戦体制に。私的にはロイドが何やら企んでいるようにも見えてしまうのだが、果たして。