たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

マギ シンドバッドの冒険 第五話「王の資質」感想

今回の満足度:4点(5点満点中)
※原作既読。
(以下ネタバレ)

あらすじ

ヒナを追ってダンジョンへとやって来たシンドバッドは、同じくダンジョンへと来ていたドラコーン達と戦闘になる。互いに敵対したままジンのいる最深部へとやって来た彼らだが、待ち受けていたジン・ヴァレフォールは「王の器」を試す為と称し思わぬ提案をしてきて――。

感想

シンドバッドの掲げる「絶対的な正しさ」はともすれば独善ともなりかねず、ジャーファルが(ただの反発心からながらも)毒されずに敵対する意志を捨てなかった事はむしろ称賛に値するのではないか、と思ってしまった。
このシンドバッドの「独善」は原作での大きなキーポイントとなっており、それと対極をなすのがアリババの持つ「人それぞれの正しさ」という考え方なのだが……そう言えば原作アニメ第一期では、アリババも独善的で分かりやすい「ヒーロー」として描かれ原作ファンの失望を買ったよな、と今更ながら思い出したり。