たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

甲鉄城のカバネリ 第五話「逃げられぬ闇」感想

KABANERI OF THE IRON FORTRESS(初回生産限定盤)(DVD付)

KABANERI OF THE IRON FORTRESS(初回生産限定盤)(DVD付)

今回の満足度:4点(5点満点中)
(以下ネタバレ)

あらすじ

進路上にカバネに滅ぼされた八代駅を発見した甲鉄城は、生存者を発見し保護する。その中に無名の昔馴染みである榎久の姿があった。榎久にかけられたある言葉に焦りを募らせた無名は、生駒達の忠告も聞かずにカバネ相手に無謀な戦いを仕掛けてしまい――。

感想

無名が普段の言動以上に幼い――というか精神的に未熟である事を示すエピソード。だが、引っ張られて生駒も少々間抜けになってしまったのはある種のご都合主義なような気もする。
そういった脚本の粗っぽさもあり、前回までのテンションの高さは少々鳴りを潜めた感がある。