たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

早速「ラストエンブリオ 1 問題児の帰還」を読了したので感想をば

アニメ化もした「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」というふざけたタイトル(笑)の人気ラノベ、その新章がタイトルも新たに「ラストエンブリオ」として開幕しました。
今回から、第1部の主人公の一人・十六夜の「弟妹」である西郷焔と彩里鈴華、彼らのパトロン兼後輩の久藤彩鳥の三人がメインキャラクターとして新たな物語を紡ぐ――と言うと全てが刷新されたようにも聞こえてしまいますが、きちんと前回からの続きが描かれていますので、第1部ファンの方々もご安心ください。
今回は第一巻という事で、キャラクターの紹介、世界観の再解説、そしてお馴染み「ギフトゲーム」の出題編という趣ですが……導入部としてはまずまずの出来。今後に十分期待が持てます。

(以下ネタバレ含む感想)

さてさて、今回表紙を飾るのは何故か主人公ではなくメインキャラクターの一人、久藤彩鳥ですが……シリーズファンとしては納得の人選なのではないのでしょうか? 物騒な連接剣をぶん回している通り、彼女は箱庭の住人であったある人物の転生体な訳ですが、年相応の少女らしい内面と以前の人生での達観した人格とがある種の二律背反のような危うい魅力を醸し出していて……キタコレ! と第一巻からワタクシべた惚れ状態でございます(笑)。*1今回の彼女は14年間普通の少女として過ごしたせいで物凄く弱体化している為に、重傷を負って焔に庇われたり、お風呂で同性からセクハラ受けたり、何か物凄くヒロイン力高め。本シリーズは恋愛描写がほぼゼロなのでロマンスにはなりませんがw

彩鳥がヒロイン力高めなこともあり、焔はヒーロー力高めです。十六夜と違って肉体的には並の人間ではある焔ですが、十六夜以上に頭脳派ですし、体を張って女の子を庇ったりするなど正統派少年漫画主人公のような側面を強く感じます。彼の「恩恵」自体は戦闘向けではありませんが、どうやらかなりのチート能力に育ちつつあるようですし、何より十六夜の能力とも関係のある「原典」――第三永久機関という切り札がありますから、今後の活躍には十分期待できますね。

鈴華は地味に大活躍という、今のところは縁の下の力持ちであり、ある種大人な振る舞いをしている焔や彩鳥の代わりに感情的な部分を担う役割。なので、今回は目立つところは少なかったような印象ですが、実は彩鳥に準ずる位に箱庭世界とは縁が深い人物である事が示唆されているので、その内彼女がメインの長編エピソードも描かれそうです。

今回の物語は「太陽の主権」を争う大規模ギフトゲームに焔達の世界(以下、現世)が巻き込まれる……と思わせておいて実は焔と十六夜に深く関わりのある「第三永久機関」を巡る現世での争いにその端を発していて、そしてその犯人は恐らく焔の父親をXXして研究を掠め取った人物らしく……と明かされた所で「続く」という何ともニクイ構成。続きはよ! 箱庭の住人となった十六夜が外界(彼の故郷)で、外界の住人である焔が箱庭でそれぞれ戦うという逆転構造がどう活きていくのかも楽しみで仕方ありません。
あと、第一部最終巻で、どうやら十六夜と焔は実の兄弟ではないか、という可能性が示唆されており、十六夜の台詞から彼はその事を既に知っている様子ですが、焔の方はそうではないようで。彼らの関係の行方も楽しみ。

ホント、アニメ二期やってくれないもんですかね……。

*1:ちなみに第1部で一番好きなキャラクターは飛鳥だったりする。