たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

血界戦線 01「魔封街結社」感想

原作未読。
(以下ネタバレ)

あらすじ

異界の住人と現世の住人が混在する都市ヘルサレムズ・ロット。街を訪れた少年・レオは、他人と間違わられ、「世界の均衡を保つ」と称する秘密結社「ライブラ」に連れてこられてしまう。人違いである事が判明するも、その時街に異変が――。

感想

分かりにくいようで分かりやすい世界観。「ライブラ」の面々が何者なのかがまだよく掴めないのと同じで作品の方向性もまだ分かりかねますが、ああいう良い意味で大雑把な世界観とお話は嫌いじゃないどころかむしろ好物なので、今後も楽しみな作品になりそう。
技名がテロップで「ドーン!」と表示される演出は嫌いじゃないのですが、何か台詞と絵と文字の親和性がまだぎこちないというか、自然ではない感じも。
レオの妹ミシェーラが結構魅力的なキャラクターに思えますが、どう考えても出番は少なそうなのでちょと寂しい。

血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)

血界戦線 魔封街結社 (ジャンプコミックス)