たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

蒼穹のファフナー EXODUS 第13話「闇の中の未来」感想

シリーズ全話視聴済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

地球に迫るアルタイル。対話によりアルタイルを味方に引き入れようと考える竜宮島やナレイン将軍の考えとは逆に、新国連の事務総長はアルタイルを敵視しそれを受け入れようとしている竜宮島とナレイン将軍らの抹殺を画策していた。
ナレイン将軍らと行動を共にしている総士達は、フェストゥムが少数の集団をピンポイントに狙った事実から、将軍の身近にフェストゥムのスパイが紛れ込んでいる事を確信する。エスペラントの目をも欺く「怪物」の存在に、決意を新たにするのだった。
一方、竜宮島ではパイロット達の負担を減らすべくカノンと咲良が現役復帰していた。予想通り、二人にも「新たな力」が発現する。複数の無人機を操る咲良には、無人機を大量に複製する次元を操る能力が、カノンには未来を予知する能力が。あまりにも強大過ぎる力を持て余しその副作用に苦しむ二人だったが、カノンはその能力を受け入れ、後輩達を奮い立たせるべく檄を飛ばす。カノンの言葉に、自分達の能力とその副作用に怯えていた後輩パイロット達は自らの力と向き合い、連携して見事にフェストゥムを撃破する。
「希望」を求めて戦う竜宮島の子供達。彼らは「未来」を切り拓く力を手に入れた。しかし、それは「犠牲」を伴うものだった。果たして彼らの行く末は――。


感想

相変わらず新国連事務総長の無能ぶりが際立ちます。もちろん、彼女は彼女なりにフェストゥムへメッセージを伝えていたはずだし、人類の未来も真剣に考えている。しかしそこにはフェストゥムを理解しようという思想が決定的に欠けているし、人類を次のステージへ導くのではなくあくまでも現在の種を維持する事しか考えていない。「対話」と「融和」という概念が決定的に欠けている。そんな彼女が描く「未来」が明るいものであるはずはなく、一騎達にとってフェストゥム以上の強大な敵となってしまいそうです。

ナレイン将軍一行には、やはり意図的にフェストゥムへ情報を流している存在がいるようですが、総士の推測では、それは人間のふりをしてミールと同等の能力をもった存在であるという。そんな相手に対し、果たして勝つことが出来るのかどうか。そもそも、その正体を暴くことが出来るのかどうか。
私的に一番怪しいのはミツヒロのような気がしますね。第一話で見せた同化現象に抗う姿とか、フェストゥムに襲われた人々のヴィジョンを夢の中で観ていた事とか。彼のザルヴァートルモデルへの執着も、実は父への想い以上に彼の中の何かが無意識にそうさせているような。

さて、竜宮島の方ではパイロットに復帰したカノンと咲良のおかげで、後輩達は自分達の能力と向き合う勇気を得たようです。もちろん、自分と機体を信じる事で戦闘能力は格段に上がるのでしょうが、彼らを襲う新たな同化現象が収まるわけではないでしょうし、切り拓いた先の未来に希望が待っているかどうかは微妙な所。

カノンに目覚めた未来予知能力は、織姫の言によれば、ただ単純に大きな戦力となるだけではなく、どうやら島の未来をも左右するものになってしまうようです。最後に彼女が見てしまった不吉なヴィジョン、親しい人々の墓標と撃破されたファフナー。それが一体どんな意味なのか。避けられない未来なのか。OP映像では真矢とならんでメインキャラポジションにあった彼女ですが、どうやら今後重要な役を担うようですね。

さて、これにて1クール目は終了。2クール目、というか続編の正確な放映開始日時はまだ発表されていないようですが、心静かにその時を待ちたいと思います。
予告パートでの真矢の「あなたは、そこにいますか?」という、第一期予告を彷彿とさせる台詞が印象的でした……。