たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

ガンダムビルドファイターズトライ 第19話「運命の再会」感想

前シリーズ視聴済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

ビルドバーニングの予備パーツを狙う不良達に囲まれるユウマだったが、その場にセカイやメイジン達が駆け付け窮地を脱する。しかし、メイジンの呼びかけに応じ現れた「首謀者」の姿にセカイは絶句する。それは、次元覇王流におけるセカイの兄弟子イノセ・ジュンヤだったのだ。優しかったはずのジュンヤの卑劣な行い、そして彼が次の対戦校のメンバーであるという事実に戸惑うセカイとミライ。だが彼らは、次元覇王流の――師匠の教えに従い拳と拳を交えて彼の真意を質そうと決意する。
一方、ジュンヤは次元覇王流の後継者に彼ではなくセカイを選んだ師匠、そしてセカイへの昏い恨みの情念を燃やしていた。セカイが自ら掴んだ新たな「力」を次元覇王流の奥義であると勘違いした彼は、逆恨みにも似た感情を抱いたままセカイとの戦いに臨む。
対戦が始まると、フミナとユウマはセカイが一対一で戦えるよう他の敵機を徹底的にマークし、個人戦に持ち込む。また、ジュンヤも他のメンバーの事は無視し、セカイだけをターゲットとしていた。
遂に始まる二人の対決。兄弟子として一日の長があるジュンヤの次元覇王流の技、そしてジュンヤが強さを追い求め身に着けた様々な武術による猛攻に苦戦するセカイだったが、バーニング・バーストを発動させ反撃に転じようとする。しかし、対するジュンヤもバーニング・バーストと同様の力を発動させ――。

感想

まーた敵役がただの逆恨み大魔神という事で、かなりゲンナリ致しました。なんかこう、悪には悪の美学があって欲しいものですが、ジュンヤはただ反則級に強いけれども外道を通り越した卑劣漢でしかなく。外道ながらも強い対戦相手を求める純粋さも持ち合わせたアドウと比べても物凄い小物にしか感じませんね。いくら強くてもこれでは魅力がない。
世界トップレベルのビルダーであるセイが作ったビルドバーニングに伍するガンプラを作れてしまうという設定も、ただのご都合主義にしか感じず……。そもそも究極の強さを追い求める中で、師匠が認めたセカイを倒す事が目的のはずなのに、手下を使ってビルドバーニングの予備パーツをブン取ろうとかいう矛盾した行動をとっているのが謎。むしろ不良達がただのカツアゲ野郎どもで、万全な状態のセカイを倒す事が目的のジュンヤがユウマを助ける……とかいう展開だったら納得いったんですが。
次回はガチンコの殴り合いバトルが展開されそうですが、ここいらでジュンヤに魅力が付加されないといまいち盛り上がりに欠けてしまうのではないかと今から不安でいっぱい。
おかげで、あからさまなガウォーク形態の敵機に「セツコそれガンダムやない!」とツッコミを入れるのを忘れた位。*1

*1:ガンダム兄貴からあれはガンダム00Pに登場する「アブルホール」という期待でれっきとした第二世代ガンダムだ、という情報をいただきました。ちなみに劇中の状態より人型にはなれない模様。……ガン、ダム?