たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

アルドノア・ゼロ EP17「謀略の夜明け -The Turning Wheel-」感想

1クール目視聴み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

マズゥールカ伯爵を捕虜にした地球軍。伊奈帆は彼への尋問許可を申請する。その目的は、マズゥールカの人格を見定め、アセイラム姫に忠誠を誓っている人物かどうか、信用に足る人物であるかどうかを見極める為だった。
尋問の結果、マズゥールカが信用に足る人物であると判断した伊奈帆は、彼に今のアセイラム姫が偽物である事を伝え、本物のアセイラム姫の居場所を探りもしもの場合には彼女を守ってほしいと頼む。更には、スレイン・トロイヤードの目的を探ってほしいとも……。
一方、マズゥールカが行方不明になった事で焦りを覚えたマリルシャンとバルークルスは、強硬策でスレインを追い落とそうと策謀を巡らす。まずはアセイラム姫(レムリナ姫)に直接謁見し、彼女を挑発する事で自分達の揚陸城を月基地へと移動させる許可を引き出す。
まんまと月基地へカタクラフトを持ち込んだマリルシャンは、スレインを挑発し決闘を申し込む――。

感想

マズゥールカは他の火星騎士達と違って無用な殺戮を行っていませんでしたが、見せかけの高潔さではなく、人間としての高潔さを持った人物だった様子。伊奈帆が彼を信用したように、マズゥールカも伊奈帆を信用した事から、人物を見抜く眼力を持った聡明な人物であることもうかがえます。
……ただ、いい人ほど早く死ぬというか、不吉なフラグに感じてしまう部分も。姫を守って死ぬとか、スレインの策謀に気付いて始末されるとか、そんな未来が待っていない事を願います。
また、伊奈帆がマズゥールカの一件を利用して、いまだに火星人への憎しみと自分自身が火星人であるという事実に苛まれ自己嫌悪・自己否定に悩まされているライエを救おうとするその気遣いが何とも粋です。1クール目の時も不器用ながらも他人を慮って遠回りに慰めるシーンが結構ありますが、今の伊奈帆はそれに加えて分かりやすい態度で示す事もするようになって人間的に成長したというかなんというか。
ただ、その伊奈帆の変化というのは、以前も書きましたがアセイラムを目の前で失ってしまった事に由来しているようなんですよね。きっと伊奈帆の中ではもっとはっきりと自分の気持ちを伝えたかったという後悔の念が渦巻いていて、それが以前よりも分かりやすく他人への思いやりを見せるという変化につながったのでしょう。その証拠、ではありませんが、今回ユキに語った自分が戦い続ける理由――自分を助けようとしてアセイラムが撃たれたのだからこそ、自分が彼女を救わなければならない――は、「戦争ですから」と建前を口にしつつその実、大切な人々やセラムの為に戦っていた自分の言動を後悔し、建前ではなく本音で語るよう彼を変化させたわけで。
しかしまあ、それでもユキをちょっと無碍に扱い過ぎな気もしますが。もしかすると、姉だからこそ本音中の本音を明かして自分の覚悟を見せるという、ある種、弟して姉に甘える行為そのものだったのかもしれませんが。

一方、策謀に策謀を重ね成り上がったスレインの前に、策謀でもって挑もうとするマリルシャンが立ちはだかりました。正直、マリルシャンのような小悪党では覚悟完了した腹黒スレインにはかなわないと思いますが……レムリナが自分自身こそが王女であるという自負に拘り過ぎてきていて、スレインの計算が狂い始めているのも事実。
嘘で嘘を塗り固めたスレインの足もとは、案外もろいものなのかもしれません。何せ彼が本音を明かしているのはハークライトだけですからね。伊奈帆と違って他人との絆の力なんて有りはしない。ただ、「籠の中の鳥」の話が、アセイラムだけでなくレムリナの事も含んでいる線もあり。彼女に本音――アセイラム姫の為に利用するだけ利用させてもらうが、ザーツバルムへの敬意と同じようにレムリナへの思慕も偽物ではない――という事をぶちまけたほうが事がうまく運ぶような。

漫画の方も近々発売ですね。まだ1クール目部分の漫画も手を出していないのですが、本編が相変わらず面白いので少し興味が出てきました。