たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

アイドルマスターシンデレラガールズ Episode5「I don't want to become a wallflower」感想

原作ゲーム未プレイ。無印アニメ視聴済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

突如決まった卯月・凛・未央の三人とアナスタシア・美波の二人それぞれにユニットを結成してのCDデビュー。だが、先を越されたみく等一部のメンバーは焦りを隠せない。あの手この手で自分達もデビューさせてもらおうとアピールするが空回りしてしまい、遂にみくは過激な方法に訴え――。

感想

みくは登場当初からウz……トラブルメーカーっぽい立ち位置にありましたが、今回はそれが際立っていました。もちろん、今後の見通しを大体でもいいから伝えていなかったプロデューサーも悪いのですが*1、それにしたってあんな問題起こしていたら「人格に問題あり」としてますますデビューから遠ざかるどころか、最悪プロジェクトから外されるんじゃw
それはともかくとして、段々「素」になる頻度が増えてきた蘭子が可愛すぎますなー。凛と蘭子だけでご飯10杯はいけます。

*1:しかし、あれはその場を収める為に「見込み」段階の話を多少吹いて伝えてしまったという苦肉の策にも見えますね。