たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

アルドノア・ゼロ EP16「熱砂の進撃 —Soldiers' Pay—」感想

1クール目視聴み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

衛星軌道上での地球軍と火星軍の大規模戦闘は終わり、デューカリオンは再び地球へと降下する事となった。地上には、デューカリオンに搭乗しなかった鞠戸とユキの姿が。砂漠地帯での防衛任務に当たっていた二人にデューカリオン護衛の任務が与えられるが、伊奈帆が最前線に立つことを喜ばないユキは複雑な想いを隠せない。
時を同じくして、スレインの台頭に危機感を隠せない一部の火星騎士は、彼に負けない戦果を上げるために団結しようとしていた。そんな火星騎士の一人が鞠戸達の防衛する街に向かって侵攻を開始、鞠戸達は迎撃に向かう。
重力操る敵カタクラフトに苦戦する鞠戸達。圧倒的不利な状況で鞠戸はある策を講じるが――。

感想

久々に登場の鞠戸大尉に一部の(大半の?)視聴者が色めき立つ姿が見えるようですw コックピット恐怖症も克服して、界塚姉弟の助けもあったとはいえ火星カタクラフトの撃破に貢献して、今後はきっと大活躍して……くれるんだろうか?
少なくとも、ピンチの時でも最低限味方を逃がす事だけは忘れないその判断力と責任感は、味方としては頼りになるものでしょうね。今回、穏健派の火星騎士を恐らくは生け捕りにしているでしょうから、彼が散々「無意味な行動」と切り捨てた鞠戸大尉の勇気ある行動の意味を知る可能性もあったりなかったり。
しかし、衛星軌道上からの射撃を成功(厳密には照準補正役)させるとは、相変わらずのチート振りです伊奈帆くん。まあ、もちろん鞠戸大尉の発案と判断、義眼の補助、デューカリオンの砲撃能力との合わせ技だった訳ですが。
一方、ライバルであるスレインも単騎でトライデント基地を破壊する大金星を上げていました。一気に成り上がった事で水面下で増大していたであろう自分への反発心を力技でねじ伏せて見せた訳ですが、タルシスの能力やハークライトの補佐があったとはいえ、1クール目とは別人のような強さです(笑)。もちろん、以前も伊奈帆が驚くような射撃や回避運動を見せたり執拗な拷問にも耐えたりと、その能力の高さと精神力の強さは折り紙付きだった訳ですけれども、それにしたって覚悟というものがここまで人を変えてしまうとは、と驚愕する次第。
それにしても、ヤンデレ姫ことレムリナ姫は、スレインのやる事全てお見通しという感じなんですね。ザーツバルムの死の真相も、スレインの今後の行動も、全て察した上で堂々と構えているというか。ただ、もしスレインの最終的な目的が、アセイラム姫の命と立場を危うくするものの根絶だとするならば、当然レムリナ姫を始末するまでのシナリオも考えている訳で。騙し騙され愛し愛されるこの関係はどこに向かうのやら……。

ところで、最後のシーンで伊奈帆が義眼に手を当てて「仕方ないか」と呟いていたのは、「義眼が痛むけれども痛み止めを飲んでいる暇はない」という意味なのか、「義眼に頼り切っているな」という意味なのか、それとも全く別の意味なのか、気になりますね。次回以降真意が明かされる言葉なのか、それとも行間を読め、というシーンなのか。
案外、「憎きスレインの姿は何回でも見られるのに、セラムさんとの思い出はこの義眼でも再生できないのかー、残念」というセンチメンタル青春全開な意味だったりして……。