たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

ガンダムビルドファイターズトライ 第16話「華麗なるシア」感想

前シリーズ視聴済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

大阪代表・天大寺学園は、ミナト作による破天荒なガンプラ・トライオン3で見事一回戦を勝ち抜き、注目を集める。他の一回戦も強豪達が順調に勝ち抜き、遂に第二回戦が開始、シード校であったガンプラ学園が登場する。対するは強豪・本牧学園だったが、キジマは一人チームへの合流が遅れたシアに「ペナルティ」と称して一人で試合を戦うよう命じる。あまりにも無謀に思えたその行動だったがしかし、会場は度肝を抜かれる事になる――。

感想

当初はいけ好かないを通り越して人格破綻者でしかなかったミナトが、どうしてもユウマに勝ちたいという強い想いと、自分を温かく迎え入れてくれた唯一無二の仲間を得て、心を入れ替えたかのような熱血漢に変貌しているのが印象的。もちろん、元来彼が持つ女好きとか三枚目という性質は変わっていないし、何よりひどい仕打ちを受けたはずのセカイが一貫してミナトの事を好意的に思っているので、元々ユウマへの対抗心やガンプラ愛が空回りして嫌な奴になっていただけで、今の姿こそがユウマの本来の姿なのかもしれません。

しかしトライオン3、散々勇者ロボだとかなんとか言われていますが、その演出はどちらかというとグラヴィオンというかSRXというかダンクーガノヴァというか。大張氏が参加しているだけあって、そこら辺の作品へのセルフオマージュに溢れていましたね。合体シーンとかもろにその三作品でしたし。ロケットパンチ的な武装が再ドッキングする時のレーザー誘導演出とかもう、バリってんなー、と。

さて、ミナト達が色物として度肝を抜いてくれた一方で、シアは圧倒的なガンプラの完成度とファイターとしての実力で会場をあっと言わせてくれました。というか、あからさまに一人だけ次元が違う強さの気が……。ユウマやミナトを超えるビルダーという事は、彼女は既に世界レベルの実力を持っている、という事なんでしょうね。かつてのセイやマオのように。
そんな規格外の強さを見せつけられながら、レディの問いに「絶対に勝つ」ような答えを返したフミナの態度は一見すると無謀なようにも見受けられますが、見せ付けられたのは「圧倒的な個人技」であってチームプレイではないので、そこに攻略のカギがあると冷静に考えているのかもしれませんね。

チナの話を通じて久々にセイの存在が表に出てきた事も印象的。というか、どうやらチナはセイと一緒に遠い異国の空の下にいるようですね。しかもファーストネームで呼んじゃっているという事は、ただの旅の道連れじゃなさそうだし。最初はレイジの国にでも遊びに行っているのかと思いましたが、ネットと電話が繋がるんじゃその線はなさそうですねw