たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

デュラララ!!×2 承 #02「和を以て貴しとなす」感想

原作未読。第一期視聴済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

テレビで姿を放送されてしまった事から、セルティの周囲はにわかに騒がしくなっていた。
一方、帝人達の高校には折原臨也の妹達、九瑠璃と舞流の双子が入学。見た目も性格も正反対ながら、どちらも目立ってしょうがない姉妹は、早速同性からのいじめの標的になる。だが、彼女らはより陰湿かつ巧妙な方法でいじめの報復をするのだった――。

感想

臨也をして関わりたくないと言わせしめる双子の妹達、ああ、あれは確かに関わり合いになりたくないですね、色んな意味で。黒沼くんは不用意に関わりを持ってしまったせいで姉妹に気に入られたようですが、あれ、「お礼」というよりは「ご褒美」ですよね。対等の関係ではなく、主従関係的な意味を持ったキスだったというか。姉妹にとってはいじりがいのある玩具を手に入れた、というようなところか。もっとも、そこに執着心は欠片も感じられないのですが(苦笑)。
黒沼には、帝人の正体を看破し近付くなど何かしら思惑を感じさせる部分もありますが、案外天然というか、帝人とは別の意味で迂闊な青年のような印象も。彼がダラーズという存在に一石を投じる事になるのか? もしくは折原姉妹をダラーズに近付けてしまう原因となってしまうとか。