たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

甘城ブリリアントパーク 第13話「PVがつまらない!」感想

原作既読。
(以下ネタバレ)

あらすじ

トリケンがパークのPVを作ってきたが、特に特徴もなく面白味に欠ける内容に、西也は作り直しを命じいすずをサポートにつける事に。頭を悩ますトリケンといすずは、まずはキャスト達の意見も聞いてみようとモッフル達の元を訪れるが――。


感想

原作ショートエピソードを上手にアレンジした番外編でした。ただ、全てのキャラクターを登場させたかったからなのでしょうが、やや間延びした印象があり、これはAパートで終わらせてBパートは他のエピソードをやった方が良かったんじゃ? とも思い。
まあ、コダイン(土偶の人)が宇宙空間でクルクル回っているシーンは腹がよじれるほど笑ってしまったので、視聴者として敗北感がありますが(笑)
私的には、椎菜のエピソードとか西也がモッフルとメープルランドに行こうとする話とかやってほしかった気がしますが、そこは二期に期待という事で。あれば、の話ですが。

全体的に原作とは趣を大きく変えつつ、主に萌え方向・夢物語に舵を切った事で批判する向きもあるでしょうが――というか私も批判する気は満々ですが――娯楽作品としては十分に佳作だったのではないかと思います。モッフル達の顔芸とか四人娘のセクシーショットとかは流石の京アニクオリティでしたし。TBS主導の制作らしいですから、円盤の売り上げ如何によっては、この後の展開も期待できるかもしれません。

しかし、Blu-ray特別編はどんなエピソードを収録するのやら。これが私の切望していた椎菜のエピソードとかだったら血涙流しながらヨドバシに注文するところなのですが。