たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ガンダムビルドファイターズトライ 第12話「未来へ羽ばたくために」感想

前シリーズ視聴済み。
(以下ネタバレ)

あらすじ

アドウ相手に完敗したセカイ達。特にユウマは、仇敵に再び打ちのめされた事で自暴自棄になってしまう。そんな彼の前にメイジン・カワグチが現れ、お互いのガンプラを交感してのファイトを持ちかけてくる。
一方、フミナのもとにはレディ・カワグチとなのる謎の女性が現れ、フミナに「ファイターとして決定的に足りないものがある」と告げファイトを挑んでくるが――。

感想

やっぱり名人カワグチがいると話に締まりが出てきます。フミナもユウマもガンプラバカであることには違いないのですが、レベルが違うというか突き抜けているというか。ガンダムの名台詞を借りた言葉の数々には熱い言霊が込められていますなー。
それに応えるユウマも内に秘めた熱い魂が明らかになり、好感度UPな印象。今まで散々描かれていた自信過剰な姿は、この時に至るまでの前振りだったわけで、シリーズ構成の妙と言うか。主題歌の「限界なんてない」というキーフレーズは何も根っからの前向き少年であるセカイだけに向けられたものではないというのも、また。
一方、レディ・カワグチによって「決定的に足りないもの」をファイトを通じて思い知ったフミナですが……こちらはやはりセカイとユウマ、二人の突出した才能を前にサポートに徹すると決めた、その献身の精神自体に少なくない割合で「逃げ」が含まれている、とかそんなところでしょうか。困ったらすぐに分離してセカイに決定打を委ねているシーンが目立った彼女の事ですから、自分自身の底上げという意識が薄いようにも思えますし。

他方、セカイは惨敗してもそれをバネに次のステップへと駆けだす、掛け値なしのポジティブさを持っているようで、遂にはビルドバーニングを(勢いで)自らメンテナンスしようという愛着まで湧いてきているようで。ただ、彼の場合圧倒的にモデラーとしてのスキルが足りない訳で。何やらフミナ先輩のヒロインとしての座(?)を脅かしそうな新キャラクターと接触しましたが、彼女の存在がなんらかのキーになるのでしょうか?