たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

甘城ブリリアントパーク 第11話「これでもう心配ない!」感想

原作既読。
(以下ネタバレ)

あらすじ

期日となる7月31日を目前に控えたある日、西也は主だったキャストを集めトリケンに密かに進めさせていた第二パークのスタジアムでサッカーの試合を開催する策を明かす。心を読む魔法とハッタリを駆使し、無事に試合の誘致に成功するが――。


感想

原作ではサッカーの試合を誘致する方法に賛否が集まって、それが売り上げがいちまいちな一因となっている節がありましたので、流石にアニメでは大きく変えてきましたね。私的には、原作の方法には西也の人間臭さが表れていて嫌いではないのですが、地上波にはちょっと不適切なのでやはり変えて正解だったかも。
さて、無事試合を誘致しあとはサービスに不足が無いように全力を尽くすという、正に「人事を尽くして天命を待つ」状態のパークだったのですが、結果は数百人の不足。しかも、閉園時間まで残りわずか。まさに絶望的な状況ですが、はたして奇跡は起こるのか? それとも――?
アニメの西也は原作よりも大分スペックが劣る印象があるので、最後の最後で何か冴えた一手を繰り出してもらいたい所。