たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

「甘城ブリリアントパーク3」読了

京都アニメーションによるアニメ化も決まったようで、作者・作品のファンとしては嬉しい限りです。主人公・西也の声はぜひ福山潤さんでお願いします(笑)。
(以下ネタバレ感想)

今回の主要エピソードは三つ。前回顔見せした新人バイトにして西也といすずの後輩でもある中城椎菜が甘ブリの一員となるまでの話。出席日数が足りない西也の為にモッフル達が「替え玉」となって登校するも、案の定問題が発生しててんやわんやになってしまうお話。そして西也が初めてモッフルの素性を本人の口から聞くお話。
私的にはニューフェイスの椎菜が絶妙にツボを突いてくれるキャラクターで、本作でのお気に入りキャラ三位に食い込むほど。見た目小学生で内弁慶ででも実は天使の歌声の持ち主ってなんだそのチートロリ。しかも、西也に対して(イケメンとは思いつつ)いい印象を持っていなかったのが、西也の替え玉事件の際にコロっと堕ちちゃってこれまたあざとい(だがそれがいい!)。
しかも、西也にとって椎菜は一般人(地上人)で初めてメープルランドの事情を(全部じゃないにしても)共有する事になった娘ですし、最後の方では実にフランクな会話を交わす仲にもなっているようで、ラブコメ要員としては中々の性能をお持ちです。……いすずがポンコツ過ぎるからそう見えるのかもしれませんがw

西也の替え玉作戦のエピソードについては、「いや、誰がどう見てもややこしい事態になるの明白だろう」とツッコまざるをえない感じですが、そもそも西也は高校に執着を持っていないので「なるようになる」位にしか思っていないのかもしれませんね。
それでもラティファという唯一頭の上がらない人物から窘められたり、モッフルやいすず達も協力を惜しまないでいてくれたからこそ、作戦を決行したのでしょう。だからこそ、彼らが気に病むことないように裏で手を回して事態を解決しておいて、それをいすずとモッフルには黙っておくという気遣いを見せた。……あれ、とっくに西也さんデレてませんか?w そしてそのデレた西也に「先輩。それ、ヤバいです」と陥落したのが椎菜さんという。*1

西也がモッフルの口からその素性を聞く話では、すっかり二人が打ち解けているんだな、という雰囲気を感じてやまず。ただ、モッフルの話を総合すると、モッフルは自身の姉を肉親以上の感情で愛していたらしいので、そこのところでまた裏事情がありそうな。禁断の愛なのか、はたまた義理の姉弟設定なのか。何気にメールプランドの一師団はモッフルの号令があればクーデーターも辞さない位に彼に心酔しているようだし、遊園地ネタから戦場は地獄だぜーネタへの転換も考慮してたりして。

そんなこんなで楽しかった第三巻でしたが、最終的には「やっぱりラティファが正妻だよな」という感想が出てきてしまうのだから私の偏った観点にも困ったものです。

*1:もちろん、恋愛的な意味ではなく人柄に惚れた、とも捉える事が出来るけど。