たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

2013年秋アニメ(10月〜12月)雑感と評価(★5点満点)

今期終了分の複数クール作品も含みます。

[境界の彼方★★★]
作画は流石の京アニクオリティながらも、脚本とヒロインの魅力が薄すぎていまいちでした。。
[京騒戯画](視聴中止)
最初の方観ただけで反りが合わなかったので視聴中止。
[IS<インフィニット・ストラトス>2★]
第一期と基本的なノリは変わらなかったような気はするものの「コレジャナイ」感を全般にわたって感じてしまいました。
[リトルバスターズ〜Refrain〜★★★★]
第一期の酷い出来と比べると格段に良くなってました。
[ぎんぎつね★★★]
非常に普通で平和な作品でした。あとカネトモが可愛かったです(小並感)。
[機巧少女は傷つかない★★]
作画は良かったものの筋立てが右往左往して落ち着きがなくどこで盛り上がっていいのか最後まで分からない作品でした。
[蒼き鋼のアルペジオ★★★★★]
今期No.1作品だったのではないでしょうか? 原作の魅力を崩すことなく、半分以上オリジナルで展開して大成功した稀有な例。
[BLAZBLUE ALTER MEMORY★★★★]
原作をプレイしていないので設定が半分位分かりませんでしたが、ストーリー自体は分かりやすく楽しめました。あと、レイチェルが可愛い。
[俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している★★★]
全く期待しないで観たらそれなりに楽しめました。が、それ以上でも以下でもない印象。ふらのがメインキャラじゃなかったら無星だったかも。
[ガリレイドンナ★★]
星月が可愛いだけのアニメでした。
[革命機ヴァルヴレイヴ 第2シーズン★★★]
前半のテンションの高さは中々に見ごたえがあったものの、後半のグダグダな展開と短すぎるエピローグに脱力。最終回もう少し頑張ってくれれば良い意味での「ネタアニメ」として後年に名前を残せそうだったのにな、と。

複数クール作品

[義風堂々!! 兼続と慶次★★★★]
山田風太郎的とんでも痛快時代劇でございました。作画のせいで色々と損をしているような気もしますが。

継続中の作品

[凪のあすから★★★★]
作画が美しいのはもちろんのこと、きちんとキャラが立っているし何より先が気になる展開が素晴らしい。
[キルラキル★★★★]
良い意味での「細かい事はいいんだよ!」な作品の典型。2クール目もそれを維持してくれれば。
[サムライフラメンコ★★★]
悪の秘密組織が出てきてからは評価が難しくなってしまいました。
[ゴールデンタイム★★★★]
一つの設定から話を膨らませてきちんとドラマにしている所が凄い。どこかの萌えとシチュエーション頼みの作品にも見習ってほしい。
[東京レイヴンズ★★★★★]
第一話では微妙だった評価が、その後の展開でうなぎのぼりに。駄目っ子ヒロイン過ぎる夏目と典型的なツンデレ少女鈴鹿が魅力的。
[マギ 第二期★★★★]
第一期の不出来さと原作レイプ振りが嘘のような面白さ。
ガンダムビルドファイターズ ★★★★★]
何このキッズアニメの皮を被ったガチロボアニメ。円盤の購入を真剣に検討中。