たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

境界の彼方 第12話「灰色の世界」感想

(以下ネタバレ)
まさかの「なんだかよく分からないが勝った!」エンドで少々ゲンナリ。結局、秋人が未来を選んだので美月派の私はがっかり、という部分もあるのだけれどもそれを差し引いてもなんだかな、という感じ。
秋人の母が匂わせた「秋人と未来は特別な存在」という振りも、泉が妖夢をその体に寄生(?)させているという設定も、何だか思わせぶりだったものの最後まで明確に明かされる事無く終了*1。かといって続編作ってまでその辺りを掘り下げる理由も見当たらず。
未来が生還した理由も何らかの事象を示唆する伏線があったわけでもなくご都合主義だよな、と。
全体としてみると、アクション作画は流石の京アニクオリティだな、と目をみはるものがあったものの、全体的に戦術が感じられない力押しのバトル展開ばかりだったので、最後の方は単調にしか感じなかった印象。淡白な脚本をある程度見られるものにした、と考えればある意味すごいのかもしれませんが。

*1:泉に関しては、当主らしき人物に妖夢石を献上している様子から、名瀬家当主は妖夢を食って生きている、みたいな設定であることは伺えましたが、それが本筋にうまく絡んでいたとも思えず。