たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

凪のあすから 第11話「変わりゆくとき」感想

(以下ネタバレ)
冬眠を前にしてちさきに想いを伝える要。うろこ様から「おふねひきをやっても何も変わらない」と告げられても何かをやらずにはいられず、地上の人々と共に一致団結して準備を進める光。そして地上で生きていく事を決めたあかりは――。
両親がいる前での告白って、見事に退路をふさぎましたね要くん!w しかも要のあれは本心でありながらも、ちさきにも「変わる事」を前向きに捉えて欲しい、という想いも同時にこめられているのでしょうから、実は要も尽くすタイプだよな、と。
一方で光が我慢した事で光とまなかの関係は、表面的だけとはいえ元のそれに。まなかは必死に変わろうとしている一方で、光の自分への想いについては考えないようにしているようにも見えて、その事が二人の関係に決定的な亀裂を生じさせてしまうのではないかという不安が。
そしてあかりの決心。結婚式をおふねひきと同時に行う、というアイディアは予想の範囲でしたが、まさか最初のおふねひきになぞらえて、自分がおじょしさまの変わりになろうとは……。なんだか死亡フラグみたいで嫌な予感が。
あと、美海は今回も天使でした。