たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

ブクマコメへの返信

はてなブックマーク - 原発再稼働は「楽観的で無責任」小泉元総理が反論(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
上記へのブックマークコメントに対して言及があったので簡単に返信を。
上記ブックマークにて、私は下記のコメントを投稿しました。

原発再稼動が無責任かどうかはおいといて、小泉さんみたいに今現在は何の責任も持っていないような人が好き放題言っているのは無責任じゃないかと思った。

それに対してid:zionsさんより、以下のようなコメントを頂きました。

そんな事言い出したら、引退した政治家は何も喋れなくなる。

どうにも認識の違いがあるようなので少し私のコメントにニュアンスについて補足します。
まず、id:zionsさんの仰るような「引退した政治家は何も言うな」的な意味合いが私のコメントにない事をご理解いただけたらと思います。あくまでも、小泉元総理のように現在も強い影響力を持つものの現在は国会議員でもなく、政府の要職にあるわけでもなく、また自ら率先して何らかの団体を結成し実践的な活動をしている訳でもない方が、一国の宰相という重荷を背負いその一挙手一投足が自身だけでなく国家の利益不利益に直結してしまう「責任ある」立場である安倍首相に対して(直接ではないにしろ)「無責任」という言葉を浴びせてしまう事に違和感を表明した、という所が本位です。
更に言うなら、引退した政治家であっても党の相談役や森元首相のようにスポーツ振興や外交で少なからず責任を負う立場として活動されている方もいらっしゃるわけで。それに対して小泉元首相は野党や世論を扇動はしますが自身が直接何かを為すわけでもなしに政府に無責任のレッテルを貼る。両者の間には大きな隔たりがあると思うのですが違うでしょうか?
ましてや、小泉元首相はマスコミを上手に利用し「ワイドショー内閣」などと呼ばれた程に、一般市民の注目を集めるのが巧みですし、また扇動の達人でもあります。自身の発言の影響力が大きい事を十分に承知した上での一連の発言は、しかし彼にとって何らかのリスクを負うものであるかと言えば決してそうは言えません。
そういったことを踏まえて、小泉元首相の事を「無責任」とコメントした私の意図が伝わればと思います。