たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

進撃の巨人 第24話「慈悲」感想

原作は連載を読んだり読まなかったり。原作の内容には触れないor触れる時は前もって明記するスタンス。
(以下ネタバレ)

アニが女型の巨人だった――その事実を目の当たりにしてもまだ現実を受け入れられないエレンは、再び巨人化出来なくなってしまった。そんなエレンを信じてミカサが、アルミンが、ジャンが、他の団員達が死力を尽くして巨人化したアニの足止めを行う。「この世界は、残酷だから」かつて自らがミカサに送った言葉を突きつけられたエレンは――。

エレンの戦う理由――強さの秘密――は、目の前で母親を喰われた事への恨み、そしてそれによって生じた我が身を焦がすほどの怒りの感情でした。しかし、それはエレンが「家族」を誰よりも大切に思っている事の証左であり、エレンが実に情の深い少年である事がうかがえます。
そしてエレンは、訓練兵団で苦楽を共にした仲間達を、恐らく同期の誰よりも大切に思っていたことでしょう。「家族」とまではいかなくともはっきりと「仲間」として認識していたはず。

そんな仲間と信じていた一人、アニが実は敵のスパイだった。調査兵団の「仲間」達を殺戮した張本人だった。その事実を受け入れ、アニを「敵」と看做す事が、エレンにとってはどれだけ困難な事だったでしょうか?

ミカサがヤンデレ風味に勘繰ったような特別な感情こそ持っていないでしょうが、一見無感情に見えるアニが訓練中に見せた不器用な優しさを、エレンは確かに感じ取っていた。だからこそ彼女の事を信頼する仲間だと思っていたのですから……。

だから、エレンが巨人化するには、情けを捨てる必要があった。「駆逐するために殺す」のではなく「殺す為に殺す」という純粋な殺意――相手を滅する事だけを目的とした沸き立つような怒りによって、人間性を捨て去る必要が。

原作ではターニングポイントとなる、アニとの対決。アニメは後一話を残すのみとなりましたが、一体どういう幕引きをするのか。当然、二期へ続くような終わり方にするとは思いますが、アニメとして一つの答えを提示してくるはず。次週が待ち遠しくてたまりません。

紅蓮の弓矢

紅蓮の弓矢

  • Linked Horizon
  • アニメ
  • ¥250