たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

銀の匙 Silver Spoon 第11話「走り出せ、八軒」感想

原作既読。
(以下ネタバレ)
野球部の試合を見て火が付いてしまった八軒が、あえて茨の道を選択するお話。
奮戦する駒場の姿を観て、受身ではなく自ら前に進まなくては、という強迫観念にも似た感情に襲われる八軒は、新しく来た子豚達にも名前を付ける事で、豚丼との事で一度は答えの出た「経済動物を育て殺し食べる」事に対して再び向き合うことを決めました。「こんなものだ」と自分を納得させるのは簡単だけれども、それを「最良」だとは思いたくない、欺瞞で終わらせたくないという、辛い道を進むことを。第一期最終回としては実に無難な引きだったのではないでしょうか?
要所要所で原作の魅力がスポイルされているところがあって不安な部分もありましたが、終わってみれば実に素晴らしいアニメ化だったと思えるのは、制作陣が真摯に作品作りに取り組んでいる事の証左か。第二期も楽しみ。