たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

神のみぞ知るセカイ 女神編 FLAG 11.0「SHOW ME」感想

原作既読。アニメ第一期・第二期・OVA視聴済み。
(以下ネタバレ)
歩美のあられもない入浴姿に被せてサブタイトルの「SHOW ME」の文字が重なったものだから、「ああ、スタッフ狙ってやってるんだな」と勝手に思いました。
――それはさておき。
ろくな説明もされていないのに、あれだけ手酷い言葉を自分に浴びせた桂馬を信じ、歩美攻略ならぬ「歩美とのガチ恋愛」を後押ししたちひろが健気過ぎて泣けます。考えてみれば、歩美は全く逆の立場――女神が自分の中に居て攻略の記憶も桂馬への恋愛感情も残っているー―でおなじくちひろの恋を応援しようとしていた訳ですから、この二人はガチで親友同士なんだな、と。
あと、京がいつもながらのナイスアシスト振りでしたね。そういえば彼女は桂馬に対してつとめて普通に接してるんですよね。多分、凄くいい人なんだろうなw
さて、ちひろからの後押しもあり「全力で」歩美攻略を開始した桂馬ですが……なんだかあらぬ方向に(笑)。やっぱり彼は「落とし神」ではあっても「恋愛の達人」ではないんですね。でも、その必死さも内面の焦りもしっかりと歩美に伝わっていて、だからこそ彼女が桂馬を正面から受け止めようとしてくれている訳で、悪手という程でもないのかも。
「僕の最初で最後のヒロインだ!」という歩美へのプロポーズ(?)自体は嘘偽らざる桂馬の本心でしょうし。
何より桂馬のボケに激しくツッコむ歩美という、第一期第一話で見せてくれたあの夫婦ドツキ漫才が復活していたところからみても、二人の相性はバッチリ、という事が伺え、歩美の両親も「バカップルには付き合っていられない」とばかりに退散しますわなぁ、という感じ。
ただ、ちひろが指摘したように結局桂馬は「本気の『好き』」を口にしていないんですよね。それが女神探索の為に6股かけていた事が発覚した時に、自分が「最低男」となる為の布石なのか、それとも桂馬が抱える「病巣」故なのか……気になるところです。