たこわさ

アニメやゲーム、映画・本などの感想を中心にお送りする雑多ブログ。

進撃の巨人 第22話「敗者達」感想

原作は連載を読んだり読まなかったり。原作の内容には触れないor触れる時は前もって明記するスタンス。
(以下ネタバレ)
女型の巨人に連れ去られたエレンを救出すべく、人類最強の男・リヴァイと最強の新兵・ミカサの急造コンビが迫るが――。
リヴァイ兵長のスタイリッシュアクションを通り越したファンタスティックアクションには思わず見惚れてしまいました。つか、リヴァイ兵長があと三人いれば人類は勝てるんじゃなかろうか、などと益体のない事まで考えてしまいましたわw
一方で、新兵の中では突出した戦闘力を持つミカサですが、やはりその弱点はメンタル部分にあるようで。今回もリヴァイが「エレンの救出に徹する」と前置きしたにもかかわらず、女型の巨人の命を奪う機会に心動かされてしまうなど、「エレンばか」かと思われていた彼女にも「仲間達の敵を討ちたい」だとか「やられたらやりかえす、倍返しだ!」とか(?)そんな感情が渦巻いているのですね。
リヴァイ兵長兵長で、判断を誤ったミカサを身を挺して救うところは彼の捨てきれぬ甘さ故なのかも。それとも、自身が負傷してでも戦略的要素としてミカサの戦闘力が今後欠かせない、というところまで含んだ判断なのか。
さて、後半は作戦が失敗し文字通り敗残兵の退却状態が描かれたわけですが、この辺りはアニメオリジナルの描写なんですよね。ただでさえ悲愴感漂う話なのに、仲間の遺体を捨ててまで巨人から逃れなければならない、なんてエグイシーンを追加するものだから、なんかもうエルヴィン団長の鉄面皮もその下は絶望に支配されているんじゃないかと勘繰ってしまうほど。
調査兵団の存続そのものが危ぶまれるばかりか、エレンの中央への身柄引き渡しは不可避といった状況になってしまい、あと三話(?)で収集つくんかいな、と少し心配になったり。