たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

進撃の巨人 第21話「鉄槌」感想

原作は連載を読んだり読まなかったり。原作の内容には触れないor触れる時は前もって明記するスタンス。
(以下ネタバレ)
女型の巨人の「中身」によりゲンタが斬殺された。今度こそ自分の「巨人の力」で戦おうとするエレンをなおも静止しようとするリヴァイ班の面々。エレンの決断は――。
恐らく、通常の「強敵」相手ならばエレンの「味方の判断を信じる」という選択は正解となっていたことでしょう。しかし、相手は「巨人」ではなく「巨人化した人間」であり、しかも手練のゲンタを一刀のもとに切り伏せたほどの腕前。今までの常識の通じる相手ではないという事を、彼らがもっと深く受け止めていれば……。
しかし、エレンが巨人の力を使っていたとしても、結果が変わっていたかどうかは誰にも分かりません。以前のリヴァイの言葉の通り「どれが正解だったのかは誰にも分からない」。ただ一つ分かるのは、エレンが状況を冷静に分析した上で仲間を信じたのではなく、仲間を信じたい自分を信じて判断してしまった、という事実のみ。
深い後悔と怒りを女型の巨人にぶつけるエレン。その怒りの半分以上は、己自身にも向けられた、まさしくその身を焦がすような激情であったことでしょう……。
しかし、そんなエレンの怒りも女型の巨人には届かず、遂には囚われの身に。エレンの巨人の首が吹き飛ぶ直前、中のエレンは「信じられないものを観た」とでもいった表情を見せましたが、果たして彼を驚愕させ、巨大樹ごと巨人の首・腕を切断した女型の「奥の手」はなんだったのか……。
一方、エレンが連れ去られる――傍目には「食われる」瞬間を見てしまったミカサは、女型の巨人を猛追。リヴァイ班三人がかりでさえ返り討ちにあった相手を圧倒する勢いで攻め続けますが、リヴァイはそれを制止。
部下達の無残な最期を無表情に眺める彼でしたが、その心中は決して穏やかなものではなく、恐らくはエレン以上の怒りを内に秘めていることでしょう。それでも、彼はミカサを制止し、冷静にことを運ぶよう促した。共に常人離れした戦闘力を持ちながらも、リヴァイとミカサの間にはまだ決定的な差がある事が伺えます。
女型の巨人と人類最強タッグ(暫定)。果たしてどちらに軍配が上がるのか。