たこわさ

はてなダイアリーから移ってきました。暫くの間、レイアウトの乱れやリンク切れ等あると思いますが、ご容赦を。

神のみぞ知るセカイ 女神編 FLAG 6.0「私について。」感想

原作既読。アニメ第一期・第二期・OVA視聴済み。
(以下ネタバレ)
栞を再攻略するお話。
女装して奇をてらったりしたものの最後の最後は正攻法で済ませるという、女神編における「神ならざる等身大の桂馬」がよく表れた展開だったな、と。桂馬の栞への信頼が勝利を導いたというか。
そして相変わらず桂馬が赤面する様がとても演技には見えず、女神を全て探し終えた後に彼を待つであろう修羅場を想像すると胸が痛みますな。
それにしても今回のお話、絵コンテや演出担当こそ違うものの、第一期と同じく栞のモノローグと大胆なカットで綴る手法は健在で、更には花澤ヴォイスの破壊力も加わって今までの中でも特に秀逸な出来でしたね。このクオリティがこのまま保たれればいいのですが……。